家庭菜園

連作障害って?

 連作障害とは

続けて同じ場所に同じ作物を栽培することを連作といいます。

作物の種類によってはこの連作によって病気になって枯れてしまったり収量が大激減したりします。(同じ科の作物でも起こり得ます。)連作をすることによりこのような症状が起こる事を連作障害と言います。

連作障害が起こりやすい作物としてよく取り上げられるのがナス科の野菜です。(ナス・ピーマン・トマト・ジャガイモ等)


 連作障害原因として


1.土壌中にその作物を冒す病原菌や有害線虫が多くなる。

2.土壌中の微量要素が不足または過剰に蓄積されて作物の生育が悪くなる。(同じ作物または同じ科の作物は同じ微量要素を必要とするため土の微量要素がかたよりその作物に必要な微量要素が不足して微量要素欠乏症や過剰になって微量要素過剰症を引き起こします。)

3.作物は勢力範囲(テリトリー)を広げる目的と病原菌等に対して自己防衛のため根から毒素を出します。自ら出したこの毒素が土壌に蓄積されて翌年同じ作物または同じ科の作物を同じ場所で栽培すると自家中毒症状を起こし生育が阻害されると言われています。



 連作障害防止策


1.土壌中に病原菌や有害線虫と拮抗する有用微生物を増やす。

2.土壌への微量要素の補給。

3.微量要素の余剰分の不溶化。

4.土壌中の毒素を分解する有用微生物を土壌中に増やす。毒素に対して静菌効果があると言われているフミン酸・フルボ酸(腐植)を土壌に入れる。





 連作障害防止策は「連作OK!」におまかせください!

「連作OK!」には、連作障害防止に有効な有用微生物・微量要素・フミン酸・フルボ酸以外にも作物が元気に育つために役立つ酵素・アミノ酸そして作物が成長するために作物体内や土壌で起こる様々な化学反応を促進する鉄を主成分とするミネラル液が入っています。(微量要素もこのミネラル液中に含まれています。)

また、微量要素過剰症対策として「連作OK!」にはこの鉄ミネラル液と加水分解された原材料の有機物の複合体(くっついて1つになっている状態)が存在しています。

この複合体は作物の根から吸収されるイオン化された余剰分の微量要素を根から吸収されないように不溶化させる機能があります。

また酸性土壌・アルカリ土壌を作物に適した弱酸性から中性にする酸度調整機能も併せ持っています。

「連作OK!」で今日から野菜作り名人!


お支払いは、商品到着後のゆうちょ振込か、商品到着時の代金引換でお願いします。
※お客様都合の返品不可
※ゆうちょ振込の場合: 手数料無料(弊社負担)
※代引きの場合:手数料260円お客様ご負担

■ご注文は今スグ
お電話・FAX・ホームページ・ハガキから!



FAX/0548-53-1317
■お電話受付 8時~18時まで
■FAX受付 24時間受付

FAX、ホームページでご注文の際は、ご住所・お名前・電話番号・容量(300ml・530ml・1030ml)・数量・配達希望

■送料無料!!

※300mlと530mlはレターパックプラスでのお届けとなります。(配達時間は指定できません。)
※1030mlは、ゆうパックでのお届けとなります。配達希望時間帯を指定できますので希望時間帯をご指定下さい時間帯を明記して下さい。

※配達希望時間帯は、下記からお選び下さい。ご注文受付後1週間以内にゆうパックにてお届けいたします。お電話でのご注文の方も配達希望時間帯をご指定下さい。
(午前中・12時~14時・14時~16時・16時~18時・18時~20時・20時~21時・希望なし)

■ハガキの場合