5月から9月中旬まではお茶の防除の忙繁期で
お茶生産者様へ商品の配達
新規のお客様への商品説明等で忙しかった為
「酵力を使用して抗酸化力の高い野菜ができるのか?」のご報告が遅れました。


まずは3月11日に播種して6月5日に収穫したニンジン(ベビーキャロット)を
抗酸化力の検査を依頼してあった
旧デリカフーズ株式会社(現、株式会社メディカル青果物研究所)から7月3日に検査報告書が届きました。


抗酸化力・ビタミンC・糖度・食味評価は大変満足できる結果となりました。


しかし硝酸イオンに関しては残念な結果となりました。
これには心当たりがあります。
私のミスです。
カレンダーの見誤りで収穫の2日前に酵力と液肥を施用してしまいました。


本来の施用は前回で終了の予定。
そのため硝酸イオンがニンジン体内で消化しきれず数値となって表れたものと思われます。